アンチエイジングと善玉コレステロール

コレステロール!
健康診断のたびに気になるキーワードですよね。
悪玉と善玉があり、悪玉コレステロールが多いと血管が詰まる…という脅されている方も多いのでは?
今回はそんなコレステロールについてご紹介します。

コレステロールが不足すると

悪玉コレステロールの悪行ばかりが注目されがちですが、そもそもコレステロールってどんな働きをするのでしょう。
コレステロールは、皮膚、欠陥、骨や筋肉、などの脂質(細胞を形成)の一種で人間の身体になくてはならない物質です。
コレステロールが幼少期や青年期に不足すると発育不全になる可能性が高くなりますし、細菌、ウィルスなどが身体の中に入りこむのを防ぐ機能が働かなくなってしまいます。
また、血管の内皮細胞 (細胞膜)が薄くなってしまうことで、血管がもろくなりクモ膜下出欠での脳出血や死亡リスクが高まります。
脂質やたんぱく質を十分にとっていなかった、かつての日本人の死亡原因は、脳出血。
これは十分な脂質やタンパク質が不足していたことが、原因ではないか、と考えられています。

悪玉と善玉

コレステロールには善玉、悪玉があります。
LDLは悪玉コレステロールで、血中で増加すると血管の壁に付着して、動脈硬化を起こしやすくなります。
一方、HDLは善玉コレステロールで血管を若返らせ、アンチエイジング効果があると言われています。
HDLは細胞膜を保ち、筋肉を作るホルモンの元になり、栄養分を消化、吸収するための胆汁酸の元になっています。

有酸素運動で増えるHDL(善玉コレステロール)

ウォーキング、エクササイズなどの有酸素運動を行なうと善玉コレステロールHDLが増えていくとされています。
運動することでメタボリックシンドロームを解消するのは善玉コレステロールを増やすのが理由です。

HDLを増やす食生活

動物性の油、糖質、アルコールを摂り過ぎない事。タンパク質(肉・魚)を適度に摂り、早食いドカ食いはしないのがポイント。
寒天・きのこ・わかめ・大豆・切り干し・魚、などを食べることが、とても良いとされています。

まとめ

善玉コレステロールは血管の衰えを防ぐ効果がありますので、増したいところです。
普段から有酸素運動でエイジングケアしましょう。
なるべくエスカレーターは使わないで、階段を登り、脂肪の燃焼を意識し、習慣をつけましょう。
ダイエットを心がけた食生活にして、加齢とともに弱った血管を強く出来るよう、若々しく笑顔、健康で健やかな毎日を目指しましょう!


このページの先頭へ戻る