アンチエイジングとポリフェノール

最近、ポリフェノールのアンチエイジング効果が言われていますね。では何故効果的なのか?
理由は体内の活性酸素を抗酸化物質のポリフェノールが除去することで細胞の老化を防ぎ、成人病を予防するからです。
活性酸素は紫外線やストレス、また喫煙などによって過剰に増えてしまい、正常な細胞を酸化させカラダに様々な害を及ぼします。
顕著に出るのがお肌。乾燥やたるみなどの年齢肌は特に女性には大敵です。
ですから、ある種のデトックス効果がポリフェノールにはある、と言えるでしょう。

果物は皮ごとがいい?

例えば、リンゴの皮を剥いてそのまま放っておくと、中身が赤く変色しますね?これは、空気中の酸素で酸化したからです。
つまり、果物や野菜の皮には中身を酸化から守るためにポリフェノールが含まれているわけです。
ですからリンゴのように皮ごと食べられるものはそうすることを勧めます。

 

赤ワインにポリフェノールが大量に含まれているのは有名な話ですが、それはブドウを皮ごと醸造するから。
別にワインをがぶ飲みしなくてもブドウを皮ごと干したレーズンでも摂取できます。
また、果物を皮ごと煮るジャムやマーマレードもよいでしょう。

コーヒーやお茶も要チェック!

コーヒーやお茶にもたっぷりポリフェノールが含まれています。
コーヒーは100gあたり200mg、お茶は115mgとかなりの含有量です。
ただどちらもカフェインも入っていますので、健康のため飲みすぎに注意しましょう。

究極!カカオポリフェノール

チョコレートやココアの原材料であるカカオには抗酸化力が赤ワインの2倍とかなり強力なカカオポリフェノールが含まれています。
満腹中枢を刺激して空腹感を抑えるので、食事前など、ちょっと口元寂しいときに1粒食べれば手軽にダイエット効果も期待できます。
しかも、食物繊維やミネラルなど栄養素がたっぷり。
更にカカオに含まれるテオプロミンには自律神経を整える効果があり、神経をリラックスさせ老化の原因であるストレスから守ってくれます。
注意点として、カカオ70%以上のチョコレートを選びましょう。
糖分少な目なのでかなりビターですが、意外とすぐ慣れますよ。
明治製菓の「チョコレート効果」なら大体どのスーパーにも置いているはずです。


このページの先頭へ戻る